鵞足炎

  • 膝の曲げ伸ばしで膝の内側が痛い
  • 階段の昇り降りで痛みを感じる
  • ランニングなど運動中や運動後に痛みがある
  • 椅子からの立ち上がりや歩き始めに痛みがある
  • X脚気味、偏平足気味である

鵞足炎について

鵞足炎とは、膝の内側にある鵞足部と呼ばれる場所に付着する筋肉(縫工筋、半腱様筋、薄筋)の腱に炎症が生じる症状の総称です。

鵞足部は、3つの筋肉の付き方が鵞鳥(ガチョウ)の足のような形をしていることから鵞足と呼ばれています。

鵞足炎は、膝の内側から膝後方にかけて痛む症状で、スポーツをしている方、特に陸上競技やサッカーで多く、走るときの後方の蹴り出しやボールの蹴り足を戻す動作などが繰り返され、負荷がかかるオーバーユースで起こります。

日常生活でも膝の曲げ伸ばしの多い動作などが続けば起こる可能性はあります。

鵞足炎になる主な原因は?

鵞足炎が起こる原因は、下半身の使い方が大きく影響しています。

特にX脚や偏平足など、下半身への機能に異常があることは、鵞足炎になる大きな原因になると言えます。

そして、その機能異常がある状態で、スポーツなどの大きな負荷がかかることで痛みにつながります。

また、スポーツをしない主婦の方でも身体のアンバランスと、日常生活での膝の使い過ぎにより鵞足炎になるので、身体のバランスの崩れが大きく関わっていると言えるでしょう。

須磨あい鍼灸整骨院で鵞足炎への治療は?

須磨あい鍼灸整骨院では、まず鵞足炎になった原因を全身的な検査をおこない明らかにしていきます。

なぜその筋肉に負担がかかってしまっているのかを、歪みや関節の動きなどを検査していき、根本から治療していきます。

そして、全身のバランスや筋力、柔軟性などを向上させ、痛みの出ない状態をつくり、それを維持していくようサポートも同時におこなっていきます。