オスグッド・シュラッター(成長痛)

  • 走る・ジャンプ・スポーツで膝が痛む
  • 膝のお皿の下に骨の出っ張りができて痛い
  • 正座すると膝下の骨の出っ張りに当たって痛い
  • 子供なのに膝が痛い
  • 成長痛だと言われたが、治らない

オスグッド・シュラッターは成長痛とも言われています、成長期の問題なので様子を見ましょうと言われることが多いようですが、成長が止まるまで待ってはいられません。
痛みのせいで運動能力の低下を泣く泣く受け入れたくはありませんよね!スポーツを頑張るお子様たちにとってはとても酷な話です。早期からしっかりアプローチして、最高のパフォーマンスにつなげていきましょう!!

オスグッド・シュラッターの痛み・訴え

成長期、特に小学校高学年から中学低学年までのスポーツをしている男児に多くみられ、膝下数センチの骨の突起部分(脛骨粗面)に強い痛みを感じます。運動中や激しく運動した後、正座でこの部分を床についたときに痛みます。安静時には痛くないことがほとんどです。進行すれば脛骨粗面がより隆起しスネの骨に出っ張りが残ります。

オスグッド・シュラッターの原因は?

膝を伸ばす筋肉である大腿四頭筋は、膝蓋腱と名前を変え脛骨粗面(スネの骨の突起部分)に付着しています、その構造から膝蓋腱とその付着部である脛骨粗面(スネの骨)の間は力学的に弱点となっています。

脛骨粗面(スネの骨)は11歳頃までは軟骨で、12歳以降15歳にかけて成長とともに骨化して強い骨に変化していきますが、成長が終わるまでのスネの骨(脛骨粗面)が軟骨である間は特に脆弱な組織構造であると言えます。

成長期の変化の著しい時期には、身長が延び体重増加する一方で軟骨形成も促進され軟骨と骨の移行部である脛骨粗面はより弱点となり、加えてスポーツなどのジャンプ・ダッシュ動作の繰り返しストレスを受けるとそこに剥離損傷が起こり、その結果、炎症反応・動作時の強い痛み・脛骨粗面の異常な骨隆起を起こすことになります。

さらに、もう一つ重要な問題は姿勢です。姿勢によって変化する大腿骨と骨盤の角度・筋肉のテンションや硬さ、などの条件下で上記のような組織的・構造的特徴が加わり損傷の可能性が増大していると考えています。

一般的に軟骨であった部分は15歳ごろ(個人差あり)までには骨に変わるので自然と状態は改善してゆくのですが、スポーツを頑張っている少年少女に15歳を過ぎるまで待つなどそのような暇はありません。須磨あい鍼灸整骨院では早期からの改善、アプローチをお勧めしています。

 

須磨あい鍼灸整骨院での施術は?

オスグッド・シュラッターは脛骨粗面(スネの骨)の、局所的炎症が直接的な痛みの原因となりますので、その局所に対しては消炎鎮痛施術・超音波施術・鍼(はり)施術を重視して速やかに痛みを取り除いてゆきます。
一方でオスグッド・シュラッターになりやすいような身体的特徴、特に姿勢・骨盤の傾斜・筋肉の長さや緊張などについては、上記の局所アプローチでは取り除けませんから、
それと同時に全身の関節にジョイントプレイ(関節遊び運動=関節を元合った場所に戻す)を加え悪い姿勢を解消・筋緊張を寛解して根本的に改善するためのアプローチをしていきます。須磨あい鍼灸整骨院では局所施術+根本改善施術することで最速最短で辛い痛みからの解放に向けアプローチしてゆきます。

超音波施術

微弱な超音波を脛骨粗面(スネの骨)に照射します、骨端軟骨や骨の負傷によく使われる施術器で、骨折などではその治癒期間を期間を30〜40%短縮するとのエビデンスがあります。有名なケースでは、デビッド・ベッカム選手や松井秀喜選手が骨折の際に使用されたり、大谷翔平選手がリハビリに持参されていることで注目された施術器です。オスグッド・シュラッターの脛骨粗面は成長期の軟骨が骨に変わりゆく間の脆弱性が素因となる損傷であるため、骨に特徴的に作用する超音波施術器は最適と言えます。

鍼(はり)施術

徒手療法の中では他と比べてダイレクトに問題の部位に届くため、より直接的に作用します。鍼に対して人体は異物が侵入してきたと判断し、それに対して防御反応を即座に起こします、このとき血流・免疫反応・組織再生も同時に促されます。この反応をうまく利用し実際の損傷部位に当て込むと結果的に治癒を促進することになるわけです。自然治癒力を最大に引き出す治療と言えます。実際にその他の施術と鍼施術を併用した場合、にはその他の施術だけのものと比べはるかに変化率が高いです(当社比)。

その他施術

アイシングや筋膜リリース・マニュピュレーションなどで局所の鎮痛や筋緊張を適正な範囲に収めていきます。さらにスポーツ後・自宅でのケアなどの指導も含め施術させていただきます。

根本改善施術:整体・骨盤矯正など

オスグッド・シュラッターになってしまうような素因の中でも遺伝的なものや、個体差による強度などは変化を望むのは難しいですが、『姿勢や筋肉バランス』は施術とトレーニングで解消できます。『姿勢や筋肉バランス』はオスグッド・シュラッターにみならず、さまざまなスポーツ損傷の原因となりますので、スポーツを楽しむ方々には大変おすすめできる施術です。特に肉体的に発達途上のスポーツ少年少女では、その後の発達にも関わってくる問題ですから、より一層重要な施術になるかとおもいます。